2019.4.17 千里丘レッスン/ 直子先生

体験の4歳の女の子とママがきました。この日は幼児さんから6年生のお兄ちゃんまで年齢幅の広いメンバーが集まってきました。

大人はその場でも歌詞が読めますが、初めての子どもたちはほぼ歌詞をみても読めないので曲も知らない、ことばもわからない、、、いきなり教えられても一度に覚えることが多すぎるので、せめてこの曲は少しでも口ずさんでかえってもらいたいと「はじまりの曲(Jesus loves me )」を用意しています。

サビのところの簡単な歌詞と音をまずアカペラで練習。そのあと全体の振り付けの練習。それから曲に合わせて歌いました。
手遊びもしてそのあとから課題曲の練習でした。

Avulelekile Amasango 

初めての人もいたので各パートで一回ずつ音の確認をしました。そのあとは振り付け入りで歌っていきました。クラップを揃えることとkunjalo kunjalo kunjaloの最後のひとおしは押し直すのではなく余韻で意識するようにしました。

躍りながら歌うと声が小さくなるのと、遠くまで響くパワフルさが欲しかったのでみんなで、「山びこ」ごっこをしてみました。「いい声で山びこしないと返ってこないでー」その「ヤッホー」をイメージして「Iyoho~」と歌うといい声出た~!!!イメージするのことは大事ですね!!!「本番も声出てなかったら山びこするからねー!ヤッホー」というと子どもから山びこ返ってきました。コンサートでもお客さんから返ってきたりして、、、なんてみんなで楽しい想像をしてレッスン終了でした。

体験の4歳の女の子が入会されました。

あわせて読みたい